【六本木】採用基準は高め?六本木の高級クラブの特徴

六本木の高級クラブの特徴

「東京都内の高級クラブは銀座と六本木しか認めない」という人もお客様は少なくありません。
また、都内で高級クラブのキャストになりたいという女の子も、ほとんど銀座か六本木のお店を中心に探すことになるでしょう。
今回は、六本木の高級クラブの特徴についてご紹介します。

美人でスレンダーなキャストが多い

六本木の高級クラブでは、銀座の高級クラブと比較しても美人でスレンダーなキャストが多いという特徴があります。
銀座の高級クラブでは「接客の質」や「実績」などを見て採用の可否を決めることが多いですが、六本木の高級クラブの場合は「ほぼルックス重視」の採用です。

もちろん、六本木の高級クラブでも接客の質は大切にしていますが、ルックスがずば抜けて良ければ、多少のマイナスポイントは流してくれます。
そのため、六本木の高級クラブは未経験でも見た目が良ければ採用されることも少なくありません。

前述の通り、採用当初は接客の質などは最重要視していませんが、採用後にはキチンとした接客スキルを身につける必要があります。
銀座の高級クラブとは異なり、最初から言葉遣いや実績が重視されるということが少ないという点が、六本木の高級クラブの特徴でしょう。

また、銀座の高級クラブの面接を受けて通らなかったという女の子であっても、六本木の高級クラブは合格したという子も少なからずいます。
六本木の高級クラブはルックスに関して高い採用基準を設けていますが、接客スキルや実績などが及第点でも何とかなる可能性があるため、ルックスに自信がある女の子に向いているでしょう。

客層について

六本木の高級クラブのお客様層は、全体的に銀座の高級クラブよりもやや若い印象です。
実際に六本木の高級クラブには30代の男性が足を運ぶことも増えており、その結果、前述のようなルックス採用が定着してきたと言えます。

また、お客様のお仕事はどの高級クラブもあまり変わりませんが、六本木の高級クラブでは飲食店経営をしている男性や、ベンチャー企業の社長さんなどが増えてきた印象です。
ベンチャー企業の社長さんともなると、30代~40代ということも少なくありません。
そのため、六本木の高級クラブのメインのお客様層は40代~50代の富裕層の男性になります。

六本木のおすすめ店舗

ここまで六本木の高級クラブの特徴についてご紹介しましたが、すでに六本木の高級クラブに興味を持ち始めている女の子も多いのではないでしょうか。
ここでは、六本木のおすすめの高級クラブについてご紹介します。

六本木クラブチック

六本木クラブチックは、六本木でも屈指の高級クラブです。
メディアからの注目も集めており、映画やドラマの舞台として使用されたこともあるお店になります。

キャストとして在籍している女の子の多くは、女優やモデル、タレントの卵など、上位のルックスを持っている子ばかりです。
また、高級感のある店内装飾と、ピアノの生演奏を聴いて過ごせる落ち着いた店内の雰囲気により、お客様はもちろん、キャストも過ごしやすい空間になっています。

引用:https://satsuei-navi.com/roppongi-chick/

キンコンカ

1968年頃、銀座にキンコンカの前身となる「ミニクラブ キンコンカ」をオープンしたことで、お店の歴史が始まっています。
オープンから10年後の1978年に六本木へ移転。

長い歴史を誇り、シックで遊び心溢れる店内装飾が特徴です。
また、キンコンカは土日祝日がお休みになるため、プライベートも充実させたいという女の子におすすめのお店になります。

六本木にある高級クラブ茜は、「伝説」や「神話」の意味が込められたミトスグループに属しているお店です。
創業から36年ということもあり、六本木を代表する高級クラブの一つになります。
贅沢かつ落ち着きのある空間と、音楽の調和によって、お客様とゆったりとした時間を過ごすことができるお店です。

引用:http://roppongi.mobi/2017/07/27/activity_6286/

まとめ

いかがでしたか?
最後に、六本木の高級クラブの特徴についてまとめます。

  • 六本木の高級クラブは美人でスレンダーなキャストが多い
  • 六本木の高級クラブはほとんどの場合、ルックス採用になる
  • お客様層は銀座の高級クラブよりもやや若い

銀座と六本木の高級クラブはさまざまな点で比較されることがありますが、キャストの採用に関して変わりません。
銀座と六本木のお店では採用基準が微妙に異なるため、自分の強みがどちらのエリアに当たるのか考えてお店選びをすると良いでしょう。