【キャスト引退】高級クラブのキャストは年をとったらどうするべきか

高級クラブのキャストはいつかは引退する時が来る

高級クラブのキャストになりたい女の子の中には、高級クラブのキャストはいつか引退する時が来るのか考えている子もいるのではないでしょうか。
高級クラブに定年というものはありませんが、いつまでも20代の女の子と同じようにキャストとして働くというケースは少ないかもしれません。
ここでは、高級クラブのキャストの引退とその後の進路についてご紹介します。

引退後の進路

高級クラブでキャストを引退する時が来たとしても、当然ですが、その後の人生は続いていきます。
中には、30代前半で高級クラブのキャストを引退したという女の子もいるので、引退後の進路は気になるところではないでしょうか。
高級クラブのキャストを引退した後はどのような進路があるのか、まとめてみました。

①昼職に転職する

高級クラブのキャストを引退してから、昼職に転職したという女の子の話は良く耳にします。
昼職とはそのままの内容ですが、朝から夕方にかけてのお仕事のことです。
高級クラブで培った接客スキルを活かして、さまざまな接客業に臨むという女の子も少なくありません。

夜職から昼職に転職したい女の子には、「昼ジョブ」という転職サイトがおすすめです。
高級クラブなどナイトワークからの転職を歓迎しているサイトなので、夜の経験が長い方でも安心して転職することができます。
「昼ジョブ」は全国誌やAbemaTVなどで取り上げられた実績もあります。
サポート体制も充実しているため、理想の昼職を見つけやすいでしょう。

また、昼職に転職するキッカケの一つとして、高級クラブに足を運んでくれていたお客様から、昼職のお仕事を推薦していただいたというケースもあります。
お客様の会長さんから「新しく飲食店を始めたいから、お店のオーナーをやってくれないか」と打診されることも、しばしば見られる光景です。
このように、キッカケはさまざまですが、高級クラブのキャストを引退して昼職に転職する女の子は多いでしょう。

②ママになり水商売を続ける

高級クラブのキャストを引退しても、夜型の生活が抜けなかったり、昼職の人間関係が上手くいかなかったりする女の子も少なくありません。
そのため、結果的に自分がお店のママになって水商売を続けるという選択をする女の子もいます。
当然、高級クラブは甘い世界ではありません。

しかし、高級クラブとしてではなく、一見さんOKのクラブのママになる人や、スナックとしてお店を開く女の子も多いです。
そのため、結果的に水商売を続ける女の子が構えるお店の立地は、銀座や六本木などの人気エリアにこだわって出店するのではなく、23区外でひっそりとお店を構えるケースが多いでしょう。

ママになるという引退後の進路は、高級クラブで培った経験を活かすことができる点と、自分の思い通りの運営、経営ができるという点がメリットになります。
いつかはお店を持ちたいという女の子や、自分でお店づくりをしてみたいという女の子に向いている進路でしょう。

③結婚する

高級クラブのキャストが引退する最たるものが「結婚」です。
高級クラブに足を運ぶお客様は富裕層なので、お金や地位などのステータスは非の打ち所がありません。
特に、引退を考えているキャストの場合、お客様との結婚は将来への不安が少ないことから、お客様との結婚に踏み切るキャストも多くいます。

また、高級クラブのお客様と結ばれることもありますが、プライベートでお付き合いしている方と結婚が決まるケースもあります。
ちなみに、高級クラブによって異なりますが、ほとんどのお店は公私混同さえしなければお客様との恋愛はOKです。

まとめ

いかがでしたか?
最後に、高級クラブのキャストの引退についてまとめます。

  • 引退後は昼ジョブなどを利用して昼職に転職する
  • 自分がママになって水商売を続ける
  • お客様や一般の方と結婚する

高級クラブのキャストを引退するタイミングは女の子によって異なりますが、30代後半で引退を考えるという子は少ないでしょう。
20代中頃~20代後半までには引退後の自分を見据えておくと、引退後もスムーズな生活を送ることができます。