こんな回答はNG!高級クラブの面接で言ってはいけないワード

高級クラブの面接で言ってはいけないワードとは

一般的な会社と同じで、高級クラブも面接での印象は重要です。
そのため、これから高級クラブの面接を受ける女の子は、面接の時に言ってはいけないワードを覚えておくことをおすすめします。
ここでは、面接で言ってはいけないワードについてご紹介します。

①前の店の悪口

前のお店での悪口は、面接で言ってはいけません。
これは前のお店で働いていて、移転するキャストに該当する内容です。
そのため、初めて高級クラブの面接を受ける女の子は頭の中に入れておく程度の認識で問題ありません。
このことを前提に、読み進めてみてください。

前のお店の悪口が厳禁である理由はいくつかあります。
例えば、面接を受けるお店からの印象が悪くなってしまうことです。
前のお店を辞めた理由が自分に非のないトラブルであったとしても、基本的に次のお店がその事実を知る術はありません。

言っていることを納得してくれるお店もあるかもしれませんが、お店によっては女の子の性格に難があると見られてしまう可能性もあります。
このようなマイナスに捉えられかねない内容を話すべきではないでしょう。

もしもお店を辞めた理由を聞かれた場合には、できるだけポジティブな回答をするようにします。
どうしてもありのままを伝えたいという時は、マイナス要素を多く含まないように話すことが大切です。

②○○はやりたくありません

高級クラブで面接を受けた時に「〇〇はやりたくありません」というようなことは言わないようにしましょう。
〇〇とは、同伴やアフターなどのことを指します。
高級クラブでは同伴やアフターなども業務内容の一つになるので、〇〇はやりたくないという言葉は業務放棄と同義です。

一般的な会社の面接で「自分の好きな業務以外しません」ということを面接で言った場合、どうなるかは想像に難くないのではないでしょうか。
当然ですが、採用を見送られてしまいますし、どれだけ経歴が良かったとしても敬遠されます。
そのため、高級クラブでも「〇〇はやりたくありません」という言葉はNGワードの一つだというように考慮しておきましょう。

③質問はありますか?に対して「特にありません」

高級クラブに限らず、あらゆる会社の面接終わりに聞かれる「質問はありますか?」という言葉ですが、特にありませんという返答をしてはいけません。
「質問はありますか?」という言葉はほとんどのケースで面接終わりに聞かれるため、油断している女の子や、特に考えていなかったという女の子も一定数います。

しかし、お店側が「質問はありますか?」と聞く理由は、キャストになりたい女の子の意欲やコミュニュケーション能力などを知りたいからです。
そんなお店側の意図を考慮せず、5秒ほどで「特にありません」と答えてしまうとどうでしょうか? あまり印象は良くないですよね。

そのため、お店に自分の意欲や熱意を伝えるために、些細なことでも質問して面接を終わるようにすると良いでしょう。
勤務日時や接客に関することなど、少しでも気になったことを複数質問することで、お店側に意欲的な女の子という印象を与えることができます。

些細なポイントですが、ちょっとした一言がプラスにもマイナスにも大きく振り分けられるのが高級クラブの面接です。
少しでも良い印象を残すためにも、最後まで油断しないようにしましょう。

まとめ

いかがでしたか?
最後に、高級クラブの面接で言ってはいけないワードについてまとめます。

  • 前のお店やキャストへの悪口やネガティブな話題
  • 〇〇はやりたくないなど、仕事放棄同然の言葉
  • 質問はありますか?に対して、特にありませんと返答してしまう

高級クラブで言ってはいけないワードは、一般的な会社の面接でも当てはまるようなことなので、それほど難しい内容ではないかもしれません。
また、高級クラブは常に明るさや笑顔が求められるお仕事になるので、ネガティブな話し方になったり、マイナス表現を多用したりしないように気を付けるようにしましょう。